昼休みを尊重する方法

目次:

昼休みを尊重する方法
昼休みを尊重する方法

ビデオ: 昼休みを尊重する方法

ビデオ: 昼休みを尊重する方法
ビデオ: 『昼の最強習慣』でその日の生産性を激変させる 2023, 九月
Anonim

ほとんどのロシア企業は、昼休みを考慮して、標準化された就業日を持っており、その期間は9時間です。昼休みは、ロシア連邦の労働法に定められた法規範です。そのような休憩がなければ、8時間連続で働くことは非常に困難です。さらに、その欠如は、法律だけでなく、人体の基本的な生理学的ニーズとも矛盾します。

昼休みを尊重する方法
昼休みを尊重する方法

法律が言うこと

休息や子供への食事、暖房、食事を目的としたいくつかの種類の休憩に対する従業員の権利は、ロシア連邦の労働法によって規定されています。ただし、残りの休憩が特定のカテゴリーの労働者にのみ提供される場合、第108条によると、休憩と食事の休憩は必ず雇用主が提供する必要があります。この休憩の時間は、雇用主と従業員の両方が署名する雇用契約に規定されているか、企業で公式に確立された内部規則または労働協約によって定められている必要があります。

法律によると、従業員が自由に処分できる昼休みの期間は、30分以上、2時間を超えてはなりません。今回は労働者とはみなされず、雇用主からの支払いもありません。ただし、生産条件により、そのような休憩を提供できない場合、雇用主はあなたに休憩して軽食をとる機会を提供する義務がありますが、今回はすでに労働者とみなされ、あなたはそれのために支払われる必要があります。

昼休みの権利が侵害された場合

会社の経営陣の近視眼的または法的な無知が従業員のために昼休みを提供しなかった理由になった場合、あなたの権利を守る必要があります。労働組合またはその他の代表的な労働者団体は、企業で彼らを保護する必要があります。そのような集合体がない場合は、労働法の遵守について企業を検査するように要求して、労働監督官または検察庁に苦情を書くことができます。

そのような違反については、法律は企業とその経営者の両方に対する責任を規定しています。そして、チェック自体は常に組織の仕事を不安定にし、そのマネージャーをもう一度心配させます。検査中に重大な違反が明らかになった場合、マネージャーは刑事責任に直面することさえあります。

勤務スケジュールで定められた休憩時間中は、立ち上がって職場を離れる権利があります。経営者がその場に留まるよう命じたり、単に立ち去ることを禁じたりする場合は、書面で行い、命令により執行することを要求します。法律違反のそのような確認に同意する雇用主は一人もいません。この場合、そのような禁止は、生産の必要性によるものであれば一時的な措置であり、昼休みの時間は労働者と見なされ、それに応じて支払われると規定することができます。